Fuw43m4ctgkwdpybfsyt

「勉強のやる気」を引き出すコミュニケーション術

 

お母さん、こんなことで悩んでいませんか?

  • 「勉強を頑張る」と言うわりに、ソファでゴロゴロしている子どもにどんな声をかけたら良いか分からない

  • 叱ってもやる気が出ないのは分かっているけど、代わりにどうしたらいいか分からない

  • 親がいちいち言わなくても自ら勉強できるようになってほしい



これまで約1000人の親子をサポートしてきて、その悲喜こもごもを目にしてきました。

だからこそ言えることがあります。


たかが勉強で「親子の絆」を失うなんてもったいない。


 

「あんたなんか、もう要らんわ。」

ある秋の日。

私が過去につとめていた塾の現場でのこと。


一組の親子が、

勉強のせいで親子関係が崩壊してしまったのを目の当たりにしました。

  • 子どもと一言も会話のキャッチボールができない
  • 目も合わせようとしない
  • 家に居るときはずっと部屋にこもって親を避ける

きっかけになったのは、お母さんのこんな一言でした。


「あんたなんか、もう要らんわ。」


入試が迫り来る秋、模試の結果を見てつい不用意に発してしまった一言でした。

その日、塾に来るなりお子さんは泣いていました。


でも、本当にお母さんはそのように思っていたのでしょうか?


いいえ。


決してそんなことはありません。

言葉面だけを見れば「ひどい」と思うかもしれません。


でも、ぼくはそのお母さんが愛情に溢れていることを知っていました。


毎日塾に通うためにお弁当を作ってくれたり、

忘れ物があれば車で届けてくれたり、

勉強に集中するためのサポートを惜しみなくしてくれていたからです。


きっとこれを読んで「ひどい」と思ったあなたと同じ感覚をお持ちの、子どもに惜しみない愛情を注ぐ母親の一人だったのです。


 

お母さんがひどい言葉を発してしまった理由

今となっては理由はわかりません。

もし聞いていたとしても、きっとお母さんも理由は説明できなかったでしょう。

本当は思っていないのですから。


焦りがあったことは間違いありません。


しかし、それは表面的な理由ではないでしょうか?


真の原因は「やる気を引き出すための知識を持ってなかったから」とは言えないでしょうか?


火のついた天ぷら鍋を見つけたあなたは、いくら焦っていても、燃えさかる炎に油を注ぐようなことはしないはずです。

それは火に関する知識があるから。


お母さんは、発破をかけてやる気を引き出すつもりが、結果的に真逆の結果を生んでしまいました。


いくら愛情があっても、やる気を引き出すコミュニケーションの知識を持っていなければ、火に油を注いでしまう結果になりかねないのです。


もしあなたが同じ状況になったとき、

絶対に「そんなひどいことは言わない」という自信はありますか?


かわりに、カベにぶつかって苦しんでいるお子さんにどんな声をかけてあげますか?


むしろ、

その逆境を力に変えて「やる気」を引き出すコミュニケーションの取り方を知っていますか?


その答えがYESなら、本講座を受講する必要はありません。



今このネット社会では、少しスマホを検索すれば、やる気を引き出す方法なんて簡単に見つかります。

(あなたがこのページにたどり着いたように・・・)


リセマムやスタディハッカーなどの優れた教育メディアもあります。

一回の講演料が150万円であったり、一回一時間のコンサルティングが12万円するようなプロフェッショナルも記事を寄稿しています。

そんな記事からは多くの学びを得られます。

(私自身も常にチェックしています)


しかし、中には、分かりやすさを優先するあまり「ご褒美をあげたらいい」といった小手先のテクニックも紹介されています。

もちろんご褒美も、やる気を引き出す原動力になってくれます。

でも、長くは続きません。


恐ろしいことに、ご褒美も使い方によっては「やる気を下げてしまう」ということさえ分かっています。

これを「アンダーマイニング効果」と呼びます。


ネットにも素晴らしい記事は山ほどありますが、使い方を誤れば、やる気を下げてしまいかねません。

 

本講座で学べること

本講座は「自ら勉強するやる気」を引き出すための知識とテクニックを、体系的に学ぶことができます。


ネットにある記事を"つまみ食い"しているだけでは得られない体系的な知識を、たった3時間20分で得られます。


本講座で得られるもの

  • 子どもが自ら勉強するようになるコミュニケーションの取り方が学べます
  • モチベーション研究で実証済みの「やる気アップ」に効果的なサポートの仕方が学べます
  • やる気を失わせる原因が特定できるようになるので、その解決策も自然に浮かんでくるようになります
  • やる気が上がるメカニズムが学べるので、「ご褒美をあげる」といった小手先の技術に頼らなくても、やる気が引き出せるようになります
  • 専門用語を極力省いているので、モチベーション理論の初心者でも、子どものやる気が上がる仕組みを理解できます
  • 中学時代の勉強に限らず、大人になっても成長し続けるのに必須の価値観(成長マインドセット)を持たせる方法が分かります


これらはすべて、前から順番に視聴していただくことで、体系的に理解できるようになっています。

専門用語は極力使わないようにしているので、心理学やモチベーション理論などの事前知識は一切必要ありません。

カリキュラム



あなたのインストラクター


久松隆一
久松隆一

中学生専門・伸び悩み解消学習コーチの久松隆一です。定期テストの成績が主要5科目合計250~300点前後で伸び悩んでいる中学生に向けて、頑張りを点数に変える「勉強の仕方」を教えています。頑張れば頑張った分だけ点数が伸びるという経験を通じて、自信を持って生きていく力を身につけてほしい。自分は「努力すれば成長できる」と信じられること。この自信が、人生を充実させていくために、最も大切なことだと信じています。偏差値至上主義の方とはおそらく肌が合いません。指導歴14年、これまでの指導人数900名以上。2ヶ月で定期テスト5科目250点→420点、半年で偏差値9アップの高校へ合格等の実績あり。「公認モチベーションマネージャー」Basic資格。


 

受講者の声

"これまで「結果に対して褒めるしか方法がない」と勝手に勘違いしていました。 子どもを褒めようにも「どうすればいいの?」と迷子になっていたのですが、『進捗の法則』の解説を聞いて、褒める機会は山ほどあることを知り「なるほど!」と思いました。

また塾に通わせるなど環境を整える以外にも、親として関われることが色々とあるのだと気づかせて頂きました。 他にも挙げればきりがないのですが、傾聴の大切さなど「分かっているようで、出来ていないこと」を見つめるきっかけにもなりました。 ありがとうございました。"

- M・Y様

"現在、中2の息子の定期テストが芳しくなく、その原因を見ると普段の勉強の仕方、定期テスト前の勉強の仕方に問題があったので、勉強の方法や計画の立て方などを伝えてきました。

テストが終わった直後は、私が伝えた方法で勉強をするのですが日が経つにつれ、だんだんおろそかになっていき、また前回と同じで、学校のワークを仕上げるのに時間がかかって、暗記の時間が足りなくなる状況になってしまいます。

本人も決してこのままでは良くないと思っていて、初めの頃よりは取り組もうと努力はしているのですが、こちらから見ていると、詰めの甘さ、勉強の効率の悪さ、勉強の仕方を自分でも考えてみたらいいのに...など感じて、私もいろいろと口出しをしてしまいまいました。

勉強の仕方を教えているのに続かないのは、やはり本人のやる気の問題なのではと非常に感じていたところ、久松先生のサイトを見つけ、この講座を受講することにしました。

本人のやる気が一番大事だとは分かっていても、どうしたら引き出せるのだろうというのが悩みでしたが、この講座で、やる気が成績にどうつながっていくのか、やる気になるには何が必要なのか、やる気を失う原因、具体的にどうサポートしていくとよいのかなど知りたいと思っていたことを理路整然と、大変分かりやすく教えていただきました。

特に、進捗の法則の「小さな成長を認めてそれを積み重ねていくことの方が大切」という話はとても印象に残りました。確かに大人でも褒められれば嬉しいですし、これまでの自分は、子どもの日々の小さな成長よりもテストの結果に目が向けられていたことに改めて気づかされました。

その後は、子どもが「〇〇やったよ~」と言ってくることについてはしっかりと褒めてあげ、「~しないとダメなんじゃないの?」と本当は言いたいところを出来るだけ我慢して控えるようにしていたところ、それまでは夕食後しばらくTVを何となく見続けていたのですが、最近は時間の使い方を考えて、寝る前にも自ら勉強を始めるようになりました。

今は中学生ですので、まずは学校の勉強を頑張ってほしいと思いますが、これから成長していく上で「やる気」というのはどのような時にも必要なことですので、勉強だけでなく子どもの様々な良い面を見ていくように心がけたいと思います。

勉強の仕方について説明されているサイトなどいろいろとありますが、やる気に関してここまで詳しく、また将来につながるという、そんな点までも見据えてお話をしてくださっているのはあまりないのではないかと思います。

自分がどのように対応していけばよいのか分かりましたし、勉強の仕方についてはまだ改善点はありますが、まずは本人のやる気が変わってきたことを少し感じられるようになりましたので、講座を受講してよかったと思っています。ありがとうございました!"

- Y・I様

 

特典

あなたが本講座で学んだコミュニケーションの知識を、日々活用できるように、実践サポートの特典を3つご用意しました。

特典1:先着10名限定ー60分のオンライン個別相談(10,000円⇒無料)

60分の個別相談を実施します。

本講座で学べるノウハウを「あなたのお子さんがどう活用したら良いのか」について直接久松まで相談できます。

常識的な範囲であれば疑問がすべて解消できるまで無料で時間延長します。


特典2:先着10名限定—1ヵ月間のメールサポート(14,800円⇒無料

本講座の内容に関して疑問に感じたことや、日々の実践で分からないこと、うまくいかないことをメールにて相談できます。

期間は受講開始より30日間、メール回数は無制限です。


※メールの返信は基本的には24時間以内ですが、それより遅くなる場合もあります。あらかじめご了承ください。

※特典1と2は人的サービスですので、予告なく終了する場合があります。


特典3:「日々の振り返り」に使える20のチェックリスト(1,200円相当⇒無料

やる気を引き出すコミュニケーションのポイントをまとめた20のチェックリストをプレゼントします。

このチェックリストを見れば、日々の関わり方を自分でチェックすることができます。

日々の振り返りにご活用ください。

 

30日間全額返金保証

本講座を受講しても、学びが得られなかった場合は30日以内にご連絡いただければ、全額ご返金させていただきます。

返金の理由は問いません。

ただし、受講特典1と2は人的サービスになりますので、1回でも利用された方は返金致しかねます。


お渡しした動画を返していただく必要もありません。

あなたの貴重な時間を使わせてしまった迷惑料としてそのままお持ちください。

受講するのに必要な環境

  • スマホorタブレット(iPhone、iPad、Androidすべて対応しています)
  • PCからも可能です(Mac、Windowsどちらも可)
  • Wifiなどのインターネット環境

ネットに繋がっていればどこでも受講できます。

動画は1本あたり5分前後なので、通勤中などのスキマ時間にも手軽に受講できます。


ここで一旦あなたが得られるものを整理しておきます

  • 合計36本(計3時間24分)の動画講座(19,800円)
  • オンライン個別相談(10,000円)
  • メールサポート(14,800円)
  • 日々の振り返り20のチェックリスト(1,200円相当)

合計45,800円相当が、今だけ19,800円で受講可能です。


30日以内であれば、全額返金保証もついています。

あなたにリスクはありません。

 

情報の質が人生の質」

本講座には、科学的な裏付けのある理論に基づいた「勉強のやる気を引き出すコミュニケーション術」がまとめられています。

たったの3時間20分で、そのすべての知識が得られます。


もしあなたが今、

やる気がない我が子に「どんな言葉をかけたらいいか分からない」と悩んでいるのなら、

本講座で「勉強のやる気」を引き出すコミュニケーションの正しい知識を身につけてください。


「やる気」と「親子の絆」を同時に手に入れて、机に向かう我が子の後ろ姿を温かく見守るあなた。


そんな未来に本講座が貢献できたら嬉しく思います。


久松隆一

今すぐ始めよう!



追伸1:特典は期間限定です。本コースの特典は人的サービスですので、予告無く終了する場合があります。


追伸2:本講座は「モチベーションと人間関係」に関する研究の世界的権威であるテレサ・アマビール(スタンフォード大・心理学博士、現在はハーバード大)の過去35年にわたる膨大な実証研究に基づいて制作されています。

しかし、専門用語はほとんど使われていません。現代の最高峰とも言えるモチベーション理論を、私自身の教育現場での経験を交えながら、中学生の保護者の方が誰でも実践できるように、アレンジしたものです。